HTMLコーディングの代行業者を探る


「基本料金無料」「オプション追加料金なし」というHTMLコーディングの代行業者の料金体系が当たり前になってきています。

このサイトではHTMLコーディング代行業界の現状と今後を解説していきます。

059850

●コーディングの基本料金とは何なのか

これまでのHTMLコーディング代行業者は高額ともいえる基本料金を設定してきました。

基本料金には「見積もり設定」「ディレクターによるお客様との交渉」などが含まれるようですが、この作業は効率化を図ることによってお客様に請求する必要をなくすことができるでしょう。

交渉及び意思疎通は欠かせませんが費用を請求する必要はないはずです。

意思疎通にかかる時間を減らすために、あらかじめフォーマットを用意してそのフォーマットで納得してもらえる企業と仕事をする代行業者が増えているようです。

名だたるHTMLコーディング代行業者にもまだ減らせるコストがあるということでしょう。

●いかにしてコーディングの品質を保ちコストを下げるのか

専門作業であるコーディングには部外者では分からないことが多いのは当然です。

どんな作業をしているのかを出来るだけ公開している業者なら信頼できるといえるでしょう。

IT/Web業界の悪いところとして「価格の相場が決まっていない分野がある」という点が挙げられるので、他の業者との比較をすることで品質と価格の信頼度を調べるに越したことはありません。

また必ずしも全てのブラウザで閲覧可能にする必要はないと考えている業者もおり、そのお客さんが求める最小限のものを提供して価格を抑える、もしくは他の点も勘案して費用も含めた全体のバランスが取れた発注を求めることもあります。

代行業者にはアウトソーシングやオフショアリングを行っている業者も多いと思います。

コーディングでも業務委託を行うことでコストを減らすというパターンです。

現在は海外にも優秀なIT技術者がいるのでオフショアリングも信頼性が上がっているといえます。

今後は発展途上国から多くのIT技術者が出てくる可能性が高いです。

●今後のコーディング代行業界

長い目で見れば今後はコーディング代行の価格が下がっていくはずです。

いい加減な料金体系の業者が淘汰され発注側の余計な出費が減ると見込まれるからです。

IT系の技術が今後もいろいろな業種に進出を進めWeb業界はこれからも伸びる可能性があります。

全てのコストが可視化され正当な競争が起こることが望ましいといえます。